カテゴリー: 未分類

教案の書き方

教案の書き方

教案を作るのにほぼすべての時間を奪われていたあのときの自分に向けて。

時間がない場合→考えても無駄。とにかく完成させる。指導書でもネットに転がってるのでもnoteかアマゾンで売ってるのでも他のひとの教案を使いましょう。十分に寝て、自信満々で授業したほうがいいです。そのほうが生徒のためにもなります。

最低限付け加えること→「いつ使うのか」

意味は翻訳本にのってるし、検索すれば出てきます。

時間がある場合

最低10文は例文を自分で作ります。

どんなひとが?どんなひとに?なんのために?どんな場面で?

つまり法則を見つけます。自分なりに。あと文脈化ですね。

その後、文法書や指導書を読みます。

違いを検討して、まとめる。

10例文では足りないので、例文をかき集めます。リアルタイム検索かhttps://readingmonkey.blog.fc2.com/blog-entry-146.html

生徒の写真を見ながら、導入で使う例文を選ぶ。他は練習用へ。

あとは会話までつなげれば大丈夫です。会話の代わりに自分のことを書いてもらってもいいと思います。時間内に添削、発表してみんなで共有する。会話も自分で作ったものはみんなで共有した方がいいですね。

首に違和感があるのはなぜ?

首に違和感があるのはなぜ?

タイトルはなぜと問い掛けていますが、答えはありません。何かしら解決策をもとめてる方は読まないでください。

子どものときから首に異常な感覚があります。その時々によって違うんですけど、首をしめられるような感覚のときもあれば、切られたような感覚の時もあります。いまは切られたような感覚がします。消えません。

体育の帽子のゴムがつけれませんでした。それは帽子の中に入れてかぶっちゃえばよかったんでなんとかなったんです。髪を切るときは地獄でしたね。指を入れて空間を作ってました。変なやつだと思われてたでしょうねえ。

今ある首を切られたような感覚、ここ2日間続いてます。検索したら解決策出るかもって期待して調べてみたけど、有益な情報なし。調べ方が悪かったんだと思います。むかし母にはりで治るよーと教えてもらったような気がするんですが、本当かな。

首を触られるのがとても苦手です。苦手というより恐怖かな。もがき苦しみます。耐えられない。

一度気になり出したら、なかなか感覚が消えません。こんな2日も続いてるのはめずらしいです。

過去の経験が原因なのか、筋肉の緊張なのか。腰痛は心が原因って研究もあるので、精神的なものですね。たぶん。

とりあえずいまは有効な解決方法が分からないので、瞑想します。忘れようとするより受け入れたほうが、客観的にみれて、楽になります。きっと。

でも言葉で言うより簡単ではない。怒りのとき瞑想で落ち着くかやってみたけど、僕には難しかった。

ベトナム人に◯◯をプレゼントしてはいけない!

ベトナム人に◯◯をプレゼントしてはいけない!

実はこれ…

ハンカチです。

もしかしたら常識かもしれませんが、わたしは知ってびっくりしました。わたしと同じ方は以下をどうぞ。

理由は簡単。

悪いイメージと結びついているから。

日本でもあるじゃないですか。

菊の花、入れ墨…など。

khó khăn

これがその表現です。

ベトナム語を知ってる人ならどちらもすぐに分かるはず。

khó 「難しい」

khăn 「ハンカチ」

しかしkhó khănだと意味は、こちら。

動詞:困る…

性詞:苦しい、つらい…

名詞:苦しみ、困難…

そのせいでkhăn「ハンカチ」はこれらのネガティブな印象があり、プレゼントには好まれません。

日本では、よく使うしたくさんあっても困らないので、プレゼントしたことがある人も多いんじゃないでしょうか。

ベトナム人にプレゼントをお考えの方は、お気をつけくださいませ。

PiPPA、利用中が消えない。

PiPPA、利用中が消えない。

一度アプリを消すだけ

清算画面が一回出たのに、「利用中が消えない」、

閉めてるのに「施錠されていません」

になるときは…

 

①左上の三本線からメニューを開いて、利用履歴をタップ。

②直前の履歴が合っているか確認。

③アプリを終了。(ホーム画面ボタンを押すだけじゃなくて完全に終了させる)

最後にもう一度アプリを起動してみてください。

 

利用中が消えて、何事もなかったように起動します。

 

私はあせってアプリからメッセージを3回送って、それでも利用中が消えないから、さらにあせって、電話をかけてしまいました。

電話で対応してくれたのが優しいお兄さんでよかったー

 

 

 

 

 

 

 

怒った感情を消すには?

怒った感情を消すには?

中学校の横を通ったら、

「くそめがね」

「くそめがね」「みぎをみろ」

と言われた。最初のくそめがねは数回聞こえて、なんかけんかでもしてるのかなと思っていたけど、みぎをみろで自分のことだと気づいた。パオロマッツァリーノさんみたいに知らない人に干渉していく勇気もないしお腹も空いていたので、いつも通り前を向いて歩き続けた。自分のこと言ってたのかと理解してからは、怒りの感情がどんどんでてきた。

そのとき器が小さいなあと、自分を外から見るようにした。それによく考えたら、自分はくそめがねだったと納得したら、さっきのいらいらの気持ちがすーと消えていった。

2番目の自分を卑下するのはよくないと思うけど、客観的に自分を見るのとそのままの自分を受け入れるのは感情を制御するのに役にたつな。

卑下するんじゃなくて、地球から見たら自分は小さな存在だと感じるならなんか良さそう。

それにしてもいけすかないガキだった。今度言われたら、動画撮ってやる。

歯が割れるらしいですよ。

歯が割れるらしいですよ。

夜の散歩をしてたら、数年前歯医者さんに行った時に言われたことを思い出しました。

歯が接触している時間は思ってるより短い

数秒から数分くらいらしいです。とても曖昧なのは忘れたからです。

噛んでいるときも無意識に寸止めしていて、接触する方が異常なんだそう。

じゃあ接触してるひとはどうなるのかと言うと、負荷がたまっていって、最終的には割れてしまう。

大人だと負荷がかかりやすい歯と歯の間にひびがはいりやすい。僕はそこから虫歯になり、神経が出るまで放置してしまいました。

僕が行った歯医者さんはすごくて、神経とらずに済みました。わけあって再び治療箇所を開ける機会がありまして、そのときは神経が回復?してました。

昔から氷を噛んでたり、ストレスが溜まったときイーってやってたりしたのが原因だと思われます。

そんなことがあって、最近は歯が接触していることに気づくと少し恐怖を感じます。

40歳過ぎると固いものを食べるときは気を付けたほうがいいですよ。歯が固くなって(たわまなくなって)、負荷がかかりやすくなりますから。

原付乗れますか

原付乗れますか

仕事で必要になったので、原付免許を取ってました。

もう30なのに、初めての免許でした。緊張しましたねえ。

四捨五入したら30ですねと言われてたけど、実際に30になってしまいました。このままいやなおやじになるだろうなあ。

年齢は?アイスクリーム!ってネタがナイナイのオールナイトニッポンであったな。

まずは受付前にある紙を取って、記入しました。

2枚あるのはわかったけど、転写になってるから大丈夫かと思ったら、2枚目に本籍など書くところがありました。

受付で並んだのにちゃんと書いてきてとつっかえされてしまいました。

学科試験は厳しいくらい指示される。

鉛筆もつな。定規は置いたらだめだ。ボールペンはだめだ。

問題が配られてもまだだ!鉛筆もったらだめだ!

厳重でした。

試験用紙はクリアファイルに入ってました。

そして表面と裏面の2ページだけ。

試験監督のファイルから「取り出さないでください」の意味が分からなくて、とてもあせった。

試験といったら、何ページかある冊子を想像していたから。

際どいのが5問くらい。受かるとても不安でしたが、なんとか合格しました。

そのあとは元の教室に戻ってあとの講習を受けるかどうかの確認がありました。

ちなみに落ちた人は申し込み時に提出した住民票など返してもらって帰るみたい。次回にも使うために。

拒否する人はいなくてみんな、座って講習を聞いて、実際に乗る講習とその逆の順番のグループに分かれました。

僕は座学が先でした。

寝てる人は1人2人くらい。

どんな事故が多いか、そこから気をつけるところ。

最後は映像を見て終わりました。

実際に乗るとなると緊張しましたね。始まるまでは。

始まってしまえばゆるいゆるい。

これで本番は怖い。

ウインカーも1回しか練習なかった。

それも余裕なかったら、カーブに集中してねとやらなくてもよかった。

でもまあ無事取れてよかった。

妙な達成感。よく考えたら、みんな持ってるものだけど。

大阪で食べれる本場のバインミー

大阪で食べれる本場のバインミー

オーサカバインミー(https://osaka-banhmi.owst.jp)
というお店へ行きました。

具はもちろん、やはりパンが違います。パリパリなんだけども、中はふわふわ。本場のバインミーが食べたい人はぜひぜひ。自分で作るときは普通に売ってるフランスパンで代用してるけど、全然違います。

具もこれがまたおいしい。もちろん。

ベトナムに行った時に最初に食べたのがバインミーでした。パンは注文してから、温めてくれてそりゃあまあおいしかったんですけど、同じくらいおいしかった。違うのは値段くらい。

そもそもなんでバインミー屋さんに行ったかというと。

夕方フォーが食べたくなって、最近知った本町ののお店に行ったんですけど、臨時休業でした。僕、そういうの多いんですよね。旅行中でもよくあります。今日しかないってのに行ってみたら休みとか。

本町ならいつでも来れるけど、せっかく来たので、どうしようかと考えて以前行っておいしかったバインミー屋さんに行くことにしました。

実は本町のフォーの店に着いたのが、17時半。バインミー屋さんの閉店時刻は18時。で、はや歩きしました。なんとか閉店前に着いたらお店は2組いましたが、すぐに帰ってました。1組はベトナムの方でしたね。

閉店10分前に注文したけど、店員さんはめっちゃ笑顔でした。いらっしまいませの時もそうでしたけど。飲食でアルバイトしてたときよくありました。僕だったら、嫌な感じが顔に出てしまう。

雰囲気がとてもいい。飲み物頼んでなかったら、さっとお水もいただきました。

飲み物はとても良心的なんですけどね。100円台。他ではちょっとあり得ない。

バインミーがおいしいのは上に書いた通り。

また行きます。